ご挨拶

cloveriintyo 当院は昭和20年(1945年)、先代の私の父(田中春夫)が田中医院を開業しましたのが始まりです。
終戦直後で当地には医療機関が他になく、一人で内科、外科、産婦人科など色々な患者様を診療していました。夜遅くまで外来や入院診療をこなし、依頼があれば昼夜を問わず往診もしておりました。交通が不便な地域のため、昭和40年頃からは当時としては珍しい無料送迎バスの運行を始めて、通院支援サービスなどを行い、これらのことは「地域の医療を支える病院」として全国紙にも紹介されるなど、地域の方々に親しまれた病院でした。
 平成11年(1999年)に、現在の病院を新築、私が2代目院長に就任しました。先代の方針や意思は、「聖職としての医療と、サービス業としての医療を実現する」という病院の理念に反映させ継承しております。
 新病院の診療内容は眼科、耳鼻咽喉科、循環器や糖尿病などの専門診察のほか放射線科にCT、MRIを導入し疾病の早期発見ができるようにするとともに、リハビリも開始しました。その後の経過は、医療機能の拡充や、介護保険事業に取り組むなど変化する社会情勢に対して、地域の医療介護のニーズに応えるべく、努めて参りました。
 現在「地域のかかりつけ病院としての役割を果たしつつ、一方で地域連携により、中核病院から急性期を脱した亜急性、回復期の患者様の受け皿としての役割を担うべく機能の充実に努力しているところでございます。リハビリにつきましては、理学、作業、言語聴覚療法の専門スタッフによる365日ADLリハビリを実施し、音楽療法にも取り組んでおります。言語聴覚療法では、小児の言語発達障害の訓練なども行っており、地域の幼児健診や相談にも協力しております。
 今後は、さらに専門医による診療を充実し、亜急性から終末期医療までのシームレスケアを目指して参りたいと考えています。「患者様と病院が繋がっている医療、切れ目のない医療」をキーワードにして、安全で、親切で、清潔な、親しみやすく信頼される病院にして行きたいと考えています。皆様方のご協力、ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い致します。

                                                医療法人 三野田中病院長 田中 健


topimage
   


  

Real time web analytics, Heat map tracking