基本理念

image 9         
     『聖職としての医療と、サービス業としての医療を実現します』

すなわち、人の生命と健康に直接携わる特別な職業(聖職)に従事していることをすべての職員が認識し、患者様や地域の人々に、ご満足いただける、良質で心のこもった医療サービスを実現いたします。

 

『基本方針』

  1. 地域の人々のさまざまなニーズに応える良質な医療を、心をこめて提供します。
  2. 地域の保険・福祉、他の医療機関等との連携を促進し、医療・介護のトータルサービスを通じて、地域社会に貢献します。
  3. すべての職員が常に研鑽を積み、最善、最適の医療を追求します。
  4. 信頼と協調、人の和の築かれた病院づくりに努めます。
  5. 清潔で、安全かつ心の安らぎが実感できる院内環境を確保します。

 

≪患者様の権利と責務≫

個人としての人格や価値観が尊重される医療を受ける権利があります。

    • 適切で良質な医療を公平に受けることができます。
    • ご自分の診療情報の開示を受けることができます。
    • 医療・看護について十分な説明を受けた後ご自身で治療方針を決めることができます。
    • 診療の過程で得られた個人情報及びプライバシーは保護されます。
    • 教育実習や研究に対する協力は断ることができます。
    • 最善の治療法を選択するためにセカンドオピニオンを受けることができます。

最善の医療を受けていただくために次のような責務があります。

    • ご自身の健康状態に関する情報をできるだけ正確に医療者に対して提供してください。
    • ご自身の病気を治すために自ら決定した治療方針に沿って、医療者と共に病を克服する姿勢で取り組んでください。
    • より良い医療環境で医療が受けられるように、医療者の指示と病院内でのマナーを守ってください。