肛門外来

hips-img肛門外来(予約制)

 特に肛門や大腸の疾患を対象とする外科系の科です。
代表的な疾患
[痔核(いぼ痔)、肛門脱(脱肛)、裂肛(きれ痔)、痔瘻、便秘、肛門周囲炎 直腸脱、直腸瘤、肛門挙筋痛症候群、肛門括約筋不全、鼠径(そけい)ヘルニア、クローン病 肛門癌、大腸癌など]
 
お気軽にご相談ください。

 
診療日程
午前
午後
※受診の際は、日程と時間の確認/ご予約をお願い致します。 

女性にも多い『痔』
  日本人の3人に1人が患っているといわれるほど身近な病気、男性に多いと思われがちですが、女性にもほぼ同じ割合で発症します。恥ずかしさや治療に対する不安から1人で悩み、放置して悪化させてしまいがちですが、多くは、生活改善や薬によって治ります。 ☆便秘や妊娠・出産、冷えなどが原因で起こります。  女性の痔の最大の原因は「便秘」です。排便時に必要以上にいきむため、肛門周辺の血管に負担をかけ、うっ血して痔ができやすくなります。 ☆痔核、裂肛、痔瘻の3種類。  痔とは、肛門の病気の総称です。痔には20種類以上あると言われますが、約9割を占めるのが、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)の3種類です。 ☆痔を悪化させる要因  座りっぱなしの姿勢、香辛料やアルコールの摂りすぎ、運動不足、ストレス、シャワーだけの入浴も要注意。ゴルフやテニス、野球などの瞬間的にいきむ運動でも悪化します。良性の病気ですが、治療せずに放っておくと出血や激痛に悩まされたり、排便に大きな支障をきたします。 ☆検査や治療は?  肛門科では問診の後、患部の指診・肛門鏡検査などを行います。診察は横向きに寝る体位がをとるのが主流です。「痔の治療=手術」と思われがちですが、「生活改善と薬」による治療が基本です。食生活や排便習慣の改善と外用薬・内服薬等の薬物療法をを行います。 ☆予防の方法は?  トイレの長居は禁物。体(特に下半身)を冷やさない。食物繊維・乳酸菌をしっかり摂る。よくかんで食べる。水分も十分に摂る。アルコール・香辛料は摂りすぎない。適度な運動など。
Real time web analytics, Heat map tracking