乳腺外来

pinkribbongazou   乳腺外来(乳腺外科) (予約制)
 

乳腺、乳房の疾患を扱う専門の診療科です。
特に乳がんの診察を以下のような検査を通じて行います。
  *視触診:乳房を見たり、触ったりして異常がないか確かめます。
  *マンモグラフィ:乳房のレントゲン検査です。乳房を縦と横の2方向に挟んでレントゲン写真を撮ります。腫瘤の有無や石灰化などにより、乳がんをみつけます。
  *乳房超音波検査:超音波検査により、小さなしこりを見つけます。特に乳腺の豊富な若い人に適しています。
  *細胞診検査:しこりなどがあり、がんが疑われる場合、細い注射針で細胞を吸い出し、細胞の悪性度を調べます。
  *針生検:がんが強く疑われる場合、局所麻酔下に少し太い針を刺し、乳腺の組織を針の中に切り取り、病理組織学的に確実な診断を行います。
 また、乳がん検診も行っています。

診療日程

午前  
午後  

※診療日程/時間が変更することがあります。    
  恐れ入りますが、受診の際は、日程とお時間の確認/ご予約をお願い致します。 

〈乳がんとは〉
 乳がんとは、乳腺組織に発生したがんのことです。乳腺組織の一部の細胞の遺伝子が色んな要因により傷つき、がん細胞が生まれます。がん細胞は正常な細胞と違い、勝手に増殖し周囲の組織に入り込んでいきます。これを浸潤といいます。また、血管やリンパ管を通じてがん細胞が他の臓器に流れ着き、着床し増殖したものを転移といいます。がんは放っておけば際限なく増殖を続けます。

〈乳がんの疫学〉

乳がんは現在、女性がかかるがんの中で、最も多いがんとなっています。(罹患率が第1位)一方、死亡率の高いがんの部位別の順位では第4位となります。このことは、乳がんはかかりやすいものの、治りやすいがんと言えます。また、乳がんは30歳後半から増加し、50歳前後がピークとなりますが、最近では高齢者にも多く見られます。日本人女性が一生のうちに乳がんにかかるのは、20人に1人とも、15人に1人ともいわれ、乳がんの罹患率は右肩上がりに増加傾向が続いています。

〈乳がんの治療法と治療成績〉

乳がんの治療は、手術、抗がん剤、分子標的薬、ホルモン剤、放射線治療などを組み合わせて行われます。その治療法は年々進歩して、今では乳がんを発症した患者さんの7~8割の方が治癒する病気となっており、早期で発見されれば更に高い確率で治癒が期待できます。(乳がんでは2cm以内の大きさのがんを早期がんと言います。)

〈乳がん検診について〉

乳がんで亡くなられる方を減らすには、できるだけ早期に発見し治療を行うことが必要です。このためには、乳がん検診を受けることが最も重要です。市町村の乳がん検診は、2年に1度のマンモグラフィによる検診が行われています。(当院でも受けて頂くことができます。)
当院では1年に1回のマンモグラフィと超音波検査による検診をおすすめしています。

   乳がんで命を失わないために!!
 乳がん検診を受けましょう!!


 [他の明確になっているリスク要因としては以下の通り]

・妊娠・出産歴がない。

・母乳を与えていない。
・初経年齢(月経が始まった年齢)が低い。
・閉経年齢が高い。
・ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている。
・女性化乳房(男性の場合)。
・高脂肪の食事
・飲酒/喫煙
・肥満
・不規則な生活
 ◎ 喫煙については、日本人を対象とした研究(JPHC研究、論文は2004年11月にWEB先行公開)では、閉経前の喫煙女性の乳癌リスクは、非喫煙者より3.9倍、受動喫煙だけなら2.6倍高くなる。 

〈症状〉
乳房のしこり、隆起(新たにできたもの)
乳房の陥凹(新たにできた「えくぼ」)
乳汁分泌、血性乳汁
脇の下のリンパ節を触れるなど
mammography01
panda5copy ピンクリボン(Pink ribbon)
  乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーン、もしくはそのシンボル。日本人女性のうち、乳がんを発症する割合は約20人に1人と言われており、また、乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされ、そのキャンペーンは年を増すごとに拡大しています。


 

Real time web analytics, Heat map tracking