訪問リハビリテーション

 
homeriha1
〈運営方針〉
 事業所の理学療法士・作業療法士は要介護者等の心身の状態を踏まえてその有する能力に応じて自立した日常生活を営むことが出来るように利用者様の居宅にいて医師の指示および訪問リハビリテーション計画に基づく理学療法・作業療法その他、必要なリハビリテーションを行うこと
により、利用者様の心身機能回復を図る。
 事業の実施に当たっては、関係市町村、地域の保健、医療、福祉サービスの綿密な連携を図り総合的なサービスを提供に努めるものとする。

 ご利用者様の意向をしっかり聴取し、「今一番したい!」と思うことができるようにお手伝いさせて頂きます。実際に動作を行って頂く中で、不十分なところを見つけて、回復できるよう機能訓練でアプローチを行います。
 「やりたいことができる」ということが、ご本人様の生きがいとなり、意欲の向上となり、生活場面での介助量が低減すれば、自立につながると考えています。
 また、今後は地域活動への参加の推進、地域包括ケアシステムの構築などの取り組みも考えています。 

riha14
 
 
homriha
〈職員体制〉
 理学療法士、作業療法士  常勤 3名
〈認定資格〉
 福祉住環境コーディネーター 2級

〈営業日時〉
 月曜日~金曜日(但し、12月29日~1月3日及び国民の休日を除く)
 午前9時~午後5時

〈ご利用について〉
 1回のご利用時間は40分間を基本としております。
 ①医療保険による在宅訪問リハビリテーション指導(介護保険を有していない方)
 

  単位制: 1単位20分  点数: 1単位300点

  ②介護保険による訪問リハビリテーション(介護保険を有している方)  
  「基本利用料」
  ・訪問リハビリテーション費: 302単位(1回20分)
  ・サービス提供体制強化費:   6単位(1回20分)

 ●訪問リハビリテーションの自己負担(1割負担)

項目

金額 内容説明

(1)基本利用料(訪問リハビリテーション費+サービス提供体制強化加算)/1回(20分)※

308円 訪問リハビリテーションを利用者に直接提供する理学療法士もしくは作業療法士のうち勤続年数が3年以上の者が1名以上いる場合加算されます。
(2)短期集中リハビリテーション実施加算 200円 退院・退所もしくは要介護認定を受けた日から3か月以内の場合加算されます。
(3)リハビリマネジメント加算Ⅰ 60円
訪問リハビリ計画の進歩状況を定期的に評価し、必要に応じて当該計画を見直している場合に加算されます。
(4)リハビリマネジメント加算Ⅱ   
150円
3か月に1回以上リハビリテーション会議を開催し、利用者の状態に応じ、訪問リハビリテーション計画を見直している場合に加算されます。
(5)中山間地域に居住する者へのサービス提供加算 基本利用料の5% 中山間地域等に居住する利用者に対して、通常の事業の実施地域を超えてサービスを提供する場合に加算されます。

利用負担金の計算方法
①訪問リハの場合

 

②予防リハの場合

 

 

 

①(1)+(2)+(3)もしくは(4)の計算による1か月のサービス合計金額

②(1)+(2)+(5)の計算による1か月のサービス合計金額

※平成27年8月から厚生労働大臣が定める基準の額(1割もしくは2割負担)となりますので、本人負担の額となります。

※連続して40分以上、リハビリテーションを受けられ場合

               ↓

 1回20分×2回分となり、(1)基本利用料616円となります。

 

※お気軽にご相談ください。  担当 理学療法士 前田